INTERVIEW

新人時代に必死で積み重ねた経験が
今の自分の支えに

営業・開発センター 第一電子設計部 回路設計1グループ
石丸 智大

強みを活かせることが、
やりがい。

私の部署では、メーターの内部基板の回路設計を行っています。具体的には、お客様のご要望通りの製品を作るために、回路構成を検討したり、試作段階での基板の動作をチェックしたりする仕事です。一つの製品が完成するまでには、いくつもの部署が関わり、多くの人と連携する必要がありますが、その中で、電気電子分野という自分の強みを活かして仕事ができるということに、やりがいを感じています。学生時代はもちろん今も日々学び続けていますが、経験を重ねるほどに、学んだことが業務上の様々な場面で役立っていると感じられることも、喜びになっています。

恵まれた環境は、当たり前ではない。

入社してからこれまでを振り返り、強く印象に残っているのは、初めて担当した車種のメーターが、無事に量産まで立ち上がった時のことです。まだ入社して間もない頃に任されることになり、右も左も分からない状態でしたが、分からないなりに必死で取り組んだことを覚えています。今では1人で何機種も担当させてもらえるようになりましたが、新人時代の経験の積み重ねが、今の自分を支えになっていることを感じます。それと同時に、仕事にやりがいや面白さを感じられる今の環境は、本当に恵まれているのだと思います。この環境を当たり前と思わず、感謝の気持ちを持って仕事をしていきたいですね。

より広く、深い知識を身につけたい。

これから私が取り組みたいと思っているのは、NSウエストに関わる業務について「より広く、より深く」学ぶことです。これまでは、ソフトや外装関係のことに関して業務上必要な範囲の知識しか持っていなかったのですが、より広い視野を持って、より良い仕事をしていくためには、幅広い分野の知識を身につけなければならないと感じています。まずはやるべき仕事をしっかりとこなした上で、新たなことを学ぶ時間を作り、自分自身のスキルアップにつなげたいと考えています。

就活中の方へ

仕事においてもプライベートにおいても、今の私があるのは、周囲の人たちの支えがあったからです。人は誰もがそうですが、支えられていることを当然と思うか、感謝するのか、その気持ちひとつで自分の行動が変わり、さらには自分に返ってくるものが変わってくるのではないでしょうか。就活においても感謝の気持ちを大切にし、前向きに頑張ってください!