INTERVIEW

異色の経歴で開発へ。
妊娠・出産を経て働きやすさを実感

営業・開発センター 第一電子設計部 システムPMTグループ
宮本 磨由子

「開発がしたい」
の一言から異動に。

前職でも自動車関連の会社に勤務し、主に衝突性能の開発をしていました。結婚を機に退職したので、その後もアルバイトで他の仕事をしましたが、やはり自動車に関わりたいという思いがありました。ご縁があって、期間限定の派遣社員として、NSウエストの営業部に入ることに。開発ではないですが、それでも自動車に関われることが嬉しかったですね。営業部でのが仕事が終わる頃に、当時の上司から「宮本さんはどうしたい?」と聞かれたので、素直に、開発がしたいことを伝えました。すると、電子設計部に配属してもらうことができたのです。ほぼ未経験に近い状態からのスタートでしたが、せっかくのチャンスなので、しっかり戦力になりたいと思い、新たなスタートを切りました。今後、子どもができても続けられるだろうか…といった不安もありましたが、時短勤務等を利用している女性の先輩もいたので、「やるだけやってみよう」という意気込みで取り組みました。

車のおもしろさに改めて魅了される。

現在は、車種によって搭載する機能が異なるメーターセットの構成を作成し、レイアウトに応じた図面の指示を出すことが主な業務です。メーターはドライバーに最も近いインターフェイスなので、ドライバーに様々な情報を与えるために、自動車のあらゆる機能を集約しているパーツといえます。その開発に携わることで、新しい機能をいち早く知ることもできるので、改めて車っておもしろい!と実感しながら、日々の業務に臨んでいます。

困っている社員は放っておかない。

開発に異動して2年くらい経った頃に子どもができました。妊娠中の経過から早めに産休に入り、産後も保育園の都合で1年以上休んだので、1年半くらいのブランクがありましたが、元の職場に戻り、現在に至ります。もちろん復職当初は、戸惑うこともありましたが、かつての感覚を取り戻すことには、それほど苦労しなかったと思います。けれども、子どもの病気で休むことが重なったり、時短勤務だったりで、思っていたほど仕事ができず、自分自身に対して苛立ちを感じていた時期があります。自分でも何が問題なのか分かっていない状態だったのですが、そんな私を見兼ねた上司が、仕事の振り分けを調整してくれたお陰で、自分のペースを取り戻すことができました。困っている社員を決して放っておかないというのは、NSウエストという会社の大きな魅力の一つだと思います。

就活中の方へ

特に女性の方にお伝えしたいのは、NSウエストは女性も長く働ける会社だということです。妊娠中もさり気なく体調を気遣ってもらえたり、結婚や出産、育児などのライフステージに応じて、業務の割り振りを調整してもらうことができるので、とても働きやすい会社です。今は私のような女性の技術職は少ないですが、これからはどんどん増えていくのではないかと思います。