INTERVIEW

採用担当者として大切にしているのは
仕事への誇りと熱意

本社・庄原工場 経営管理部 総務グループ スタッフエンジニア
横田 勇樹

学生にとって、
会社の第一印象となる立場。

以前は県外の会社で働いていましたが、実家のある広島に戻ってきました。前の会社の採用担当者の影響から、私も新卒採用の仕事をしてみたいと思っていた頃、ちょうどNSウエストで募集をしていたことが、入社のきっかけです。希望していた通り、新卒採用の担当者として、会社説明会で学生に話をしたり、面談をしたりしています。会社の成長を左右する人材の採用を任せてもらっていることに、すごくやりがいを感じています。学生側から見たら、会社の第一印象を決めてしまう立場でもあるので、責任重大ですね。

私自身に熱い思いがなければ、伝わらない。

この仕事は、事務的にこなそうと思えば、誰にでもできる仕事かもしれません。でも会社の成長や学生の人生に大きな影響を及ぼすかもしれないと考えると、中途半端なことはできないですよね。まず私自身が、NSウエストのことが好きであり、仕事に誇りをもっていなければ、学生にエントリーしてほしいとは言えません。
今年採用した中の1人は、会社説明会で私が楽しそうに仕事をしている姿を見て、この会社で働きたいと思ったと言います。こちらの熱意が学生にも伝わり、入社のきっかけになったのであれば、本当に嬉しいですね。

短期的な目標は、離職率ゼロパーセント。

私もまだ入社3年目なので、採用担当者として、これからもっと力をつけなければなりません。今は離職率ゼロパーセントが目標ですね。そのためにハラスメントの勉強会に出席したり、新入社員研修の内容を充実させたりすることに取り組んでいます。そしていつか、私が採用した人が、私より先に出世したら、これほどおもしろいことはないと思うんです。私の見る目は間違っていなかった、採用が成功しているという証になるので、実現できるよう、採用力を磨いていきたいと思います。

就活中の方へ

学生さんには、NSウエストという会社はほとんど知られていません。合同説明会でも、大手自動車メーカーと並ぶと、知名度で負けてしまいますが、ネームバリューだけで判断してしまうのは、もったいないと思います。ぜひNSウエストのブースにも足を運び、当社のことを知ってください!