INTERVIEW

入社して身につけた能力を活かし
会社の成長に貢献

本社・庄原工場 チーフエンジニア
冨士木 一裕

地域に根ざしている
会社で働きたい。

実家が庄原なので、小学生の頃にNSウエストに社会見学に来たこともあり、会社の存在は昔からよく知っていました。もともと車が好きだったことと、地域に根ざしている会社で働きたいという思いが、入社を志望したきっかけです。入社当初から今の部署で基板実装に携わってきました。現在は品質管理担当として、不良が起こってしまった時の原因を調査したり、対策を考えたりといった、主に改善業務を担っています。

苦手だったコミュニケーションを克服。

入社する前は、人とコミュニケーションをとることがすごく苦手でした。けれどもこの会社ではオープンな雰囲気で話しやすいせいか、いつの間にか克服できていたように思います。特に2010年にアシスタントマネージャーになってからは、改善業務の報告を社内外の人に対して行う機会も多く、人前で話やプレゼンをすることにも全く抵抗がなくなりました。もちろん最初は眠れないほど緊張していましたが、そういった機会をたくさん与えてもらったことで、自分自身が成長できたことを実感しています。

プロジェクトを通してさらに飛躍を目指す。

今、全社で取り組んでいるのが、生産ラインの部署間の壁をなくして、リードタイムや中間在庫を削減することです。私はプロジェクトメンバーの1人として、これまで基板実装のグループ内で取り組んでいたことを、生産部全体に広げていくという役目を担っています。他部署との連携や調整が重要なので、これまで以上にコミュニケーション能力が求められているのではないでしょうか。この会社に入社して身につけた能力を活かして、より良い製品づくりができるよう目標達成を目指します。

就活中の方へ

この会社では、努力をしたらその分、評価してもらえます。私は品質管理担当になる前から、品質安定のために取り組みたいことを上司に提案し、実践したことで、成果を出すことができました。自分のやる気次第で、仕事がどんどんおもしろくなりますよ。