INTERVIEW

新たな挑戦をしながら
この会社ならではのものづくりを模索

営業・開発センター 外装設計部 外装設計1グループ マネージャー
和田 真明

車の最先端に触れ、
開発の一端を担う。

私の仕事は、お客さまとメーターの仕様やデザイン、レイアウトについて打ち合わせをして合意した内容を、当社で製造できる要件に変換し、実際に細かい部分の設計をしてくれる部署に渡す役目です。入社してすぐの頃は、私も実際に手を動かして設計を行う部署にいました。その経験があるからこそ、お客さまとも話ができるので、設計と営業の中間の立場というイメージでしょうか。常に自動車業界の最先端に触れながら、開発の一端を担うことができるのは、車好きの私にとって、大きな喜びになっています。

お客様の反応を直に感じられるのも魅力。

NSウエストに入社して印象に残っているのは、2012年に発売された「CX-5」という車のメーターの開発を担当したことです。設計から生産までを一新し、工程を大幅に変えていく「ものづくり革新」の成果を盛り込んだ最初の製品だったので、当社でもチームが一丸となって取り組みました。求められるレベルも高く苦労も多かったのですが、その分、とても良い製品ができたと自負しています。製造コストを大幅に削減することができ、お客様にもとても喜んでいただけました。このように、お客様の反応を直に感じられるということも、この仕事の魅力の一つですね。

いかに、NSウエストらしい色を出すか。

車業界に求められているものは何かを学ぶため、ドイツへモーターショーの視察にも行かせてもらいました。その経験から、私が社内にフィードバックするために始めたのが、他社のメーターを購入することです。やはり写真や映像で見るのと、実物に触れるのでは全く違います。分解してみると、同じ表現の仕方でも構造が全く違うということもあり、いつも驚かされます。他社製品から刺激を受けるたびに、いかにNSウエストらしい色を出していくか、という思いに立ち戻ります。新たなことに挑戦しながらも、NSウエストらしいものづくりを模索していきたいと思います。

就活中の方へ

私は自分の仕事にとてもやりがいを感じています。もちろん、お客さまの要求するレベルになかなか辿り着けず、生みの苦しみを味わうことも少なくありません。けれども、決して1人ではないですし、大変なこと以上に達成感や充実感のある仕事です。やりがいを感じながら働きたい人に、ぜひおすすめしたいです。