INTERVIEW

数値を司り会社の利益に直結する
重要な仕事

本社・庄原工場 経営管理部 経営企画グループ
芳山 琢也

もっと学び、
スキルアップするために本社へ。

入社してすぐは、広島市内にある広島本社の配属になり、営業部に所属していました。けれど、営業としてお客様と接するうちに、もっと商品のことや作り方を学びたいと思うようになり、庄原の本社に異動させてもらいました。今は経営企画グループに所属し、主に原価計算をしています。この商品を作るためには1個あたりの材料がいくらかかるのか、加工費や人件費がいくらかかるのかを算出し、改善を推進することが主な業務です。数値を司り、会社の利益に直結する重要な仕事だと認識しています。

トップとの距離が近く、雰囲気がとてもいい。

「改善を推進する仕事」というのは、上司の言葉を借りると「お尻のたたき役」です。とはいえ、ありがたいことに、他部署のスタッフとも一緒になって、相談したり協力したりできる仕事なので、とてもやりがいを感じています。以前、ある会議を担当した時に、社長から「会議の進め方が良かったよ。資料も良かったね」と褒めてもらったことがあります。社長や役員などトップとの距離が近いことも含めて、会社の雰囲気がとても良く、のびのびと働けることは、当社の大きな魅力の一つだと思います。

少しずつ、先を見越して考えられるように。

もう一つ、別の魅力を上げるとすると、これは中規模の会社ならではだと思うのですが、仕事のフィールドが広いことです。私の場合、原価計算から原価企画、中長期的な損益の作成などもさせてもらい、私自身も少しずつ、先を見越して物事を考えられるようになってきたのではないかと感じています。もちろん、個人的にはまだまだ経験もスキルも未熟なので、これからしっかり成長をして、会社の利益に貢献できるようになりたいですね。

就活中の方へ

当社は上司ともコミュニケーションが取りやすく、風通しがいい会社です。周りを見渡しても、のびのびと働いている人が多いように感じます。
仕事を通じて幅広いスキルを身につけ、成長したい人に、ぜひ挑戦していただきたいです。