INTERVIEW

長年培ってきたノウハウを活用して
新しい製品を開発中

営業・開発センター 外装設計部 外装設計2グループ アシスタントマネージャー
淺岡 海山

新たな技術をリサーチし、
商品開発に活用。

現在、私が携わっているのは、メーター以外の新規案件です。まだ企画段階なので、詳しいことはお話しできないのですが、当社が長年培ってきたノウハウを活用して、新しい製品を開発しようとしています。入社当初から、先行的なメーターを手がける部署に籍を置き、新たな技術を検証したり導入したりしてきたので、その経験を活かし、新商品の開発にどういった技術が活用できるのか、また想定している発売時期に間に合うのかなどをリサーチしています。

失敗も含めた経験が新たな開発につながる。

私にとってこの仕事の醍醐味は、自分が考えた方法や物が形になるということではないでしょうか。10年くらい前に、メーターの照明の設計を従来にはなかった方法で行ったのですが、現在でもその方法が利用されているんです。当社の技術として定着していることは、とても嬉しいですね。メーター以外の案件に関しては、残念ながらまだ商品化された物はないのですが、失敗も含めた色々な経験を積み重ねることで、次の商品の開発につながると信じています。

自分の弱点を補えるよう、知識を深めたい。

新たな製品を商品化するのは容易いことではないので、なかなか成果につながらず、辛いと思う時もあります。でも今は目の前の課題を一つずつクリアしていくしかないですね。これまでは主に樹脂を扱う仕事をしてきたので、電気関連が私の弱点です。今のプロジェクトでも電気関連が重要な要素になってくるので、もっと自分の知識を深める必要があります。そして自動車業界だけでなく、幅広くアンテナを張り、社会のニーズをキャッチできるよう、自分自身の感性も磨かなければと感じています。

就活中の方へ

私がNSウエストに入社した時からの先輩に、物事の道理を重視した考え方をする人がいて、すごく影響を受けました。自分の発言に説得力を持たせたり、相手に納得してもらうには、筋を通すということが大切です。社会人として当たり前のことなのですが、当たり前のことこそ、意識して大切にしてほしいと思います。